上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年DWDに参加しました。
身の回りに何か事が起きるたびに、体験したこと・学んだことが思い出されます。

感情には、「得たい」というプラスの感情と、「避けたい」というマイナスの感情があります。
マイナスの感情は種類が少ないくせに影響力はとても大きいものです。まあ、人数は少ないのに声がでかいと言ったところでしょうか。

人間はマイナス(特に恐怖など)を避けようとするエネルギーの方が強く、行きたい方向の途中にマイナスの感情を起こさせるものがあると、それを避けようとしてだんだん方向を変えていってしまいます。立て直そうとしても、また途中にあるマイナスの感情を避けようとしてまた方向を変えてしまいます。そのため、なかなか目的地にたどり着けません。

外人声かけをやっていると、まさにその状況だなと感じます。冷静に考えてみれば、本当はたいした恐怖ではないはずなのですけど、それでも行動には多大な勇気がいります。

DWDの帰りの飛行機の中で、セミナーで学んだことをシェアし合っていた時に、特にこの恐怖を克服するうまい表現はないかと考えました。

「こわい、こわい、撃たれてみれば水鉄砲。ああ気持ちいい。」

どんなものでしょうか。


スポンサーサイト

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

<< 彫刻の森美術館へ | ホーム | ジョギング2 自分への質問の力 >>

コメント

>「こわい、こわい、
>撃たれてみれば水鉄砲。ああ気持ちいい。」

ハ ハ ハ・・・ えぇ感じです!

すべては意味付けしだい!

私もそろそろDWDのテキスト再読してみよう~。
あれから時間も経過したので新たな気づきが得られるかもしれない。。。

それにしても
水鉄砲でもトニーの持ってたの・・・
かなり強烈でしたネ(笑

不安は持ち始めるときりがない。まずは第一歩まえに出ると意外に取り越し苦労てこと多い。

おもうかおもわないかだけなんですけどね
もっとフォーカス、意味付け活用しないといけない。 ときたま トニーがあらわれて水鉄砲かけてくれたらいいのに。

ヒトの心って複雑。
勝手に小さな事も大きくしてしまう。
私も結局自分の中で大きな事に
ふくらませてしまうんだよな。
時間がたてば経つほど大きくなってしまうので、
”いいわけ考える前に行動しちゃえ”って事だね。


後から振り返ってみると、あんなこと大したこと無かったのにと思うことも、そのときにはとても恐怖に感じられる。
「こんなことなんでもない」と思って数こなしていけば、自然と慣れていくので、先ずは行動ですね。

外国人に声けるの成功したんですね!
ワンダフォー!!

最初は勇気いりますよねえ

これから、もっともっと可能性を増やしていってください。
まだまだこんなもんじゃないと思うよ!

中々、いいんじゃないでしょうか
素晴らしい!

「打たれてみれば水鉄砲」っていいですね。
やってみればたいしたことではないのに、やる前はびびってしまうことありますしね。

避けたい感情って、考えたくないのにどうしても考えてしまう。自分が影響を与えられないとわかっていても、心配してしまったり。

だから、この前の講義で学んだ「信じる力」ってすごく大事だと思うんだ。心配事も自分を信じ、みんなを本当に信じる事ができたら。きっと、プラスのフォーカスが増えると思います。

避けていても結局は向き合うときがくるんだなあというのがWMやってきて思ったよ。

DWDに行ったひとはみな「良かった」というしまた行く人も多いですね。
それだけパワフルなセミナーなんでしょうね。
自分も行ってみたいです。

来年もDWD参加する人多いみたいですね。
ますます日本への影響力が広まっているのを感じます。

怖いと思ってても、実はやってみるとたいしたことなかったっていうのはよくありますね。

結局は自分で作り出したイリュージョンと戦ってるだけだったりします(笑)

恐怖がだんだんエスカレーションしていくんだよね・・・
クリスさんのもとで感情の勉強しだしてから対処法も少しづつ理解していってるんだけど。。。
その辺がまだ自分の乗り越える点です。

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。